もるもってぃ家の中学受験ぶろぐwithでざいなーライフ

molmotty.exblog.jp
ブログトップ
夏休み最後の日、
なんだか全然周囲に受けてる人のいない、四谷の組分けテスト(最終回)
うちの塾ではマストと言われたので、受けてきました。


結果は、Yでは過去最高だった7月の合不合の偏差値を更に少し上回り、Y自己ベスト更新(〃ω〃)

本人は大喜びですが、受験人数はいつもの6割くらいになってるので、まあホントにはどーだか分からないですが、
本人は頑張ったら良い結果が出た、嬉しい🧡もっと頑張ってみたい(*☻-☻*)
となったので、そういう気持ちにさせてくれただけで、ありがたい結果と受け止めようかなと。

本人の今一番行きたい学校に、ホントにあと一歩という偏差値まで来て、
手を伸ばせばいけるかもと思えるときが、一番頑張れると思うので、コレを秋の原動力に駆け抜けたいものであります。

e0387640_20344845.jpeg

さてさて、二学期からは2週に1回くらいのペースで模試が続きますねーー💧
ハードだなぁ。学校行事もイッパイだし。
うちの子のとこは運動会も修学旅行も秋‼️

そして、その合間を縫って、志望校3校の過去問をやらないといけない😱
恒例のやることを、エクセル計画表を作ってみたらっっっ

全然やれる日がないよ〜〜(T ^ T)



土特だの日特だのない、ヒマなもるもってぃ家ですら、12月までで20日(20回分)‼️
これって、この辺は複数回受験はないので、各校5年分ずつで、かろうじて4校やれるけど、一回ポッキリがギリ。

うちは3校だけだから、1校分はなんとか2回回し出来るかなぁ、という感じ。
平日 塾でどのくらいやってくれるのかは不明ですが💦

関東や関西で複数回受験とかあるとかだと、およそ全部を回すとか、二、三回やるとか、ホントどこで時間を捻出するんでしょうねぇ、、、💨しゅごいわ。


改めて計画表を作ってみて、夏休みからトライしておいてよかったと思った部分もある、、、(^^;;
古い過去問をやっておいたことで、なんとなくどのくらい取れそうかの大方の予想はつくし、傾向はそこそこ分かってきてるメリットはあるかも。


うちの場合は古い過去問の状況からは、直しはあまり時間がかからないことは予想できるので、
過去問トライは週末1日1校(でも模試があって1日しか使えない週のが多い💧)で進めることにしました。


確かにこうして計画を立ててみると、模試と過去問トライを三校✖︎五回分で、12月までびっちり埋まっちゃうΣ(゚д゚lll)
夏に総復習と苦手克服をしなかったら、もう時間がないの意味が(イマサラ)分かりました、、、(´-ω-`)

五年の皆さんは是非、この教訓を来年の夏まで刻んでおいてくださいましね〜〜


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2019年度(本人・親)へ
にほんブログ村

[PR]
# by molmotty | 2018-09-03 20:43 | 中学受験 成績とか模試のこと | Comments(2)
夏休みが終わりました、、、、

なんか、ホントあっという間だった気がする。
多分きっと、半年後?(いやもう半年はないな、、、💧)
入試の日にも、あっとゆーまだったわーとか言ってそう。(ーー;)
こわーーー😱


さて明日は6年最後の組分けテスト。
・・・なんですが、周囲のYのお友達は皆様 受けない模様で、どれだけのYの人が受けるのか知らないけど、今さら組なんてどーーでもよくないっ❓って思ったり😅

↑もるもってぃ家はそもそも、週テスト受けてこなかったので、あまり組は気にしたことがありません。偏差値の数値だけ見てきた感じ。


そしてもう範囲がないから前日もアワアワ範囲のテスト勉強はしないで、淡々と今まで通りの受験勉強をするのみなんですよねぇ。
ああ、なんか受験生になったんだなぁと、一番実感した、、、💨

e0387640_12321491.jpeg
夏休みの後半は総復習を演習問題でこなすことを重視してましたが、
明らかに過去問とは集中力が違う(悪い方に、、、Σ(゚д゚lll)

過去問は演習問題より難しいはずだけど、実際のテストだってことが、何かに火をつけるのか、、、❓❓過去問解くのは楽しいみたい。

なので、ダラダラ気が抜けた感じだなぁ〜最近💢と思うと、
過去問やってみる?と持ちかけたりしてます。




さて、そんな訳で夏休み最後の日の過去問トライは、、、
この地方の男子トップ校⭐️

いやだって、なかなか受ける予定の学校は、近年5年をやれないから(塾で秋からやるので禁止されている) ネタも尽きつつあって。
受けない学校のをトライするときは、本人の興味を引く理由がいるんだもん💧

ということで、多分この地方では一番難しいんじゃないかな?という学校の入試問題に、
どのくらい太刀打ちできるのか⁉️、
はたまた打ちひしがれるのか⁉️

(最難関は女子校ですが、そっちも理社はなかなかな問題だけど、やはり女子校は算数の難しいのはあまり出ないから、難易度は男子校トップのがむずいと思うの❣️)
この男子校は塾のメンズたちは皆 第1希望🧡というくらい、皆まずはこの学校を夢見て目指すという学校です。
学校の感じは関東で言えば麻布のような、自由闊達な学校かな❓


2010年 この地方の男子校トップの某校
(Yの過去問ダウンロードで、解答あるのこの年だけだった・・・💧
解答ないって、結構ひどい、、、(-.-)y-., o O
だってダウンロードしてやってみようかなってところのは、こういうところで相性見ておいて、良さげだったら赤本買う、みたいな流れなんじゃないかと)

算数 30%😱 理科 70% 社会 70%
(正解率。例によって国語はないので3教科だけ〜〜)
e0387640_07324786.jpeg
<むすめっこの感想>
算数、まぢむずい〜〜〜〜‼️
本気で解き方が分からない問題がパラパラあって、飛ばしまくったので、時間内で解けてない問題もいっぱい(T ^ T)
(これまでの本人の希望校などは、少なくとも普通に解いて時間内に一応全て解けていた。間違えるのはあるし、まれに(3)とかが解けない問題もあるけど、全然歯が立たない問題というのは初だった・・・)

制限時間後、延長して解けなかった問題やる?って聞いたら、多分解けないからいいって(; ̄ェ ̄)

いやーなんか男子校のトップ校の算数レベルは、ぱねーーー‼️ってことですね。
女子最難関の算数とは段違いでしたわ〜
※注:最難関とかトップ校というのも、"この地方の"学校の範疇のことです

すごおい〜〜(。-∀-)。と、素直に驚嘆。
↑本番は絶対受ける訳ないので、出来なくても なんら気にならない(笑笑

いやー、メンズは大変ですねぇ。

なんだろなー、第2希望校もそこそこは難しいし、むすめっこがいうには近畿の入試問題集の最後の方ももちろん難しいけど、難しいの種類が違うというか。

解説見ながら、何問か解き方をむすめっこに説明したけど、こんなん小学生ですいすい解けるか〜〜‼️とか思いましたわ💨
よく捻られてるわ。確かに本質を理解した上で、思考力で解法を組み立てていかないと答えにはたどり着かない感じ。
やーらしすぎて😅、っつーか難問の嵐にめげめげのむすめっこ。

だってこういう問題がところどころあるのではなく、計算一問以外 全部なんだもんね、、、💧
問題数は14問程度と、これまでやった学校(30問前後が多い)と比べると、少ない問題数です。難問にじっくり向き合え、と。

ちなみにざっと近年の入試の傾向を見たところでは、算数と国語の合格者最低点は5割程度、理社は6割後半から7割くらいだそーで。


なるほど、共学トップ校との、求めている子の考え方の違いもすごく伝わってくるなぁ。
むすめっこは絶対(メンズだったとしても)、こっち系(T海)タイプじゃない気がする。
入試問題で欲しい子が浮かび上がるって、本当だったんだ、、、面白い🤣

理科と社会はそこそこ合格点超える点数は取れており、知識系はなんとか実力を養えている模様。
そこが分かっただけで、まあ今回のトライはよしとしたいかな。

もう算数解き直しもしない( ̄▽ ̄;)
難問に触れてなにくそというタイプではないむすめっこであった、、、

まあでも良い経験でしたね。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2019年度(本人・親)へ
にほんブログ村

[PR]
# by molmotty | 2018-09-01 12:46 | 中学受験 過去問のこと | Comments(4)
鳥人間コンテスト。昔から大好きです。
いつもはむすめっこの勉強中はテレビは見ないのですが、今日は音声消して観ちゃう(*´Д`*)

おかたまの弟は20年近く前だけど、大学が関西の学校だったこともあって、理工系で四年生は鳥人間コンテストに出るのがマストだったらしい。
え❓結果???
弟もテレビに出るというので、見たけど、アレでしたわ、、、
弟の大学はスタートの台から、真っ逆さまに墜落しとりましたわ、、、、(゚д゚lll)

昨今は動力部門とか自転車部門とかあるけど、昔は体に羽つけただけで、飛び込み台もとい 飛び立ち台から、あちょーーーと飛ぶだけの方もいらっしゃったりして、関西らしいノリが楽しいですよね🧡

e0387640_20414091.jpeg

さてさて2019の入試の日程が概ね出揃ってきました。
まあ、取り立てて変更された学校はないので、予想通りの日程でした。

うちのパターンだと、第1週目、第3希望。2週目、第1希望。3週目、第2希望。
だけど、最近の本人の希望は第一と第二が入れ替わってるので、そういう意味では順当に週が進むごとに本気度の高い学校になる感じ❓

偏差値は後の週になるごとに5くらいずつ上がっていくので、まあいい感じの順番かなー❓



※この地方外の方へ補足説明しますと、
一月半ばから入試はスタートし、週末の土日にのみ入試は行われるので、日程が重ならない学校を受けることが可能。
おおよそ二月の一週目で最後の学校が終わる感じです。
県外のお試し受験をする場合は、冬休み明けの週から入試開始💧

短期決戦の関東や関西とは少々違う雰囲気ですかねぇ。
土日しか入試がないこともあって、学校を平日休む子はあまりいないですし。
受験がメジャーな地域でないこともあって、3学期入試終わるまで休むとか、ありえなーーいΣ(゚д゚lll)という感じはあります。



当初もるもってぃ家は、第3希望までの3校だけ受けるのでもいっかなー、と思ってました。
というか、うちの子の塾ではそれがスタンダードらしくて、県外受験とかでお試し受験をする風潮はないみたい。
まあ県外の学校は基本通えないので、、、、💧



だけどうちのむすめっこは本番に弱いタイプ(?)かつ、雰囲気に呑まれやすいので、お試し受験しといた方がいいんじゃないかなーとか、思ってしまう、、、💨

e0387640_20433956.jpeg

もしお試し受験する場合、、、

1つは難易度が高めの入試での、緊張感や時間配分も含めて、落ちるの覚悟でもそういう雰囲気を味わうこと重視なら、、、

1/14の隣県の某校。
(現状は一応N模試もY模試も80%偏差値は超えてるので、普通ならそこそこ受かる可能性はあるはずですが、
隣県ではトップ校なので、上は青天井❣️かつ大手塾ではない県内の地域密着塾の割合が高いらしいので、想像より難易度高いという噂もある)

模試感覚で合否は受験終わるまで子には告げずにしておいて、落ちてもいいから体験させたい気もする。
比較的難関校ならではの入試の緊張感や難しさ感覚を、味わっておきたいというか。。。
本気度の高い子たちの集まる入試の空気を感じておきたいというか。


んでも、遠過ぎるのがネック〜〜〜〜💧なのです(T ^ T)
下手したら家から2時間以上か、、、、⁉️ Σ(-᷅_-᷄๑)
いっそ京都駅に近い学校のが、時間的には早いんじゃ・・・って気がするくらい。

朝何時にでることになるんでしょーねぇ。最悪は前泊❓
↑もちろん受かっても通えない、、、💧


でもアレかな〜
この学校をお試しするとなると、それなりに過去問をやりこむ必要があるので、受かっても行けない学校に、そこまで時間を使って過去問対策するのもナニな気もします(; ̄ェ ̄)←ひでぶ

関東などでは埼玉受験がお試し受験という位置付けになるみたいですが、皆さんその分も過去問沢山解いて対策取るんですよねぇ、、、💨



もう一つの考え方パターンは、かなり偏差値低めの学校で、合格体験として勢いづける系❓←こちらの考えの方が割と一般的?

候補としては、県内外何校かあるのですが、、、
個人的には名古屋受験は模試みたいな感覚になってしまうので、本物の入試の学校で受ける緊張感の体験と思うと、別会場は意味ないかな?という気も。

ネックは問題が簡単過ぎて舐めてしまわないか(え?いらぬ心配??)
これらの学校はYの偏差値表には出てこないくらいで、多分中受専門の勉強をしてこない層まで受けるタイプの学校なので、
そういう意味でも、模試より練習になるのか??とか、、、

え?なめすぎ、、、❓( ̄▽ ̄;)
何しろうちの子の塾では、お試し受験する子が例年0なので、全く情報がない‼️
塾は1/20(前後)の県内の中受勉強層が受ける学校からが、入試開始日♬という認識。



あとは入学金の振込が、県内の第1週〜の学校は最後の学校の結果が出るまで待ってくれるところばかりなのですが、
県外の前受けお試し校は、全てそれより前に振込締め日があるってとこですかね〜〜(T ^ T)

ただうちは第3希望まで落ちたら、もう公立に行くと当初から決めてます。
なので前受け校の入学金は振り込まないつもりです、、、
本当に本番入試の空気感を体験しておきたいだけなのです😓


e0387640_20460377.jpeg

最後のパターンは、関西の統一日に参戦するタイプ。
これは大手塾などでは、割と賢い層では行われているらしいですね。
要するに灘にトライとか、難関校腕試しってヤツですね。
ま、うちには全くもってカンケーないハナシでございます(笑笑

男子だとT海余裕の上位組は、昨今 K陽の特給付生入試で腕試しするとか聞きます。
↑12月半ばに入試がある。


灘だと受かっちゃうと新幹線通学してでも通う人がいるって聞きますが、K陽の特給付生は受かっても、そっち行くという話はあまり聞かず。
やはり中学から寮に出すのは親心として切ないってことでしょうかねぇ。

K陽自体は通学でも可なら、行く子ももう少し増える気もしますが、、、
寮がネックで、鳴り物入りで開校したのに、年々偏差値ダダ下がり(?)で、当初のエリート教育はなし崩し的になりつつある気がするヨ・・・( ̄▽ ̄;)

だって寮費込みで年260万って、どこのお金持ち様なら通えるんだよ〜〜⁉️って本気で思いますわ、、、、:(;゙゚'ω゚'):

こちらの地方だとラサールやら愛光等の、寮あり学校の県外受験開催がないので、情報があまり入ってこないのですが、ラサールやら愛光も寮生は年250万近くの支払いになるんですかねぇ、、、???


話がズレまくってしまったわ、、、
うちはおなごなので男子校情報はうといし、他人事であります💧



行く気もない学校を練習受験するなんて、フトドキな奴め‼️という意見があるのは、重々承知ですが、お試し受験は中受ではかなりよくあることなので、許して欲しいような。。。

でも毎週末受験がまるまる1ヶ月も続くと思うと、(親が)萎え萎えなので、ええーいもう、第3希望校の初日キックオフから〜〜としちゃうかもしれない。
↑今 お試し受験の学校の説明会とか行ったり、願書作成とか考えたら、ええーーいもう三校だけ🧡に300%くらい傾いたわ💨


ところで、うちはお試し受験校は全然学校訪問はしておらず、受ける日に初めて行くことになりそうなのですが、皆様はお試し校もちゃんと説明会とか行かれるんでしょうかねぇ。

当日行き方が分からず迷子とかなると困るから、一度は行っとくべき⁉️

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2019年度(本人・親)へ
にほんブログ村

[PR]
# by molmotty | 2018-08-29 21:01 | 中学受験 学校のこと | Comments(4)
あと1週間で夏休み終わるぅぅぅ〜〜😱
天王山登頂できたのか❓はたまた天保山だったのかは謎ですが😅、
むすめっこなりには地道に歩を進めることはできたのかな??
※天保山→日本一低い山(大阪の海遊館のあるところですね🧡)

塾で何時間もやっていた子たちとどれだけ差がつけられているかと思うと、オソロシーですが、、、もうそこは考えない〜〜〜〜ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3
昨年は夏休み後半にサボり発覚して、家庭内内戦勃発🔥したけど、流石に今年はまじめにこなしたみたい。

e0387640_20385022.jpeg
おとたまが突然カルボナーラが食べたいというので、歩いてイタ飯食べに行ったけど、今日チョー暑かった、、、


本日のお勉強は、夏期講習テキストで間違えた問題の解き直しをやってました。
夏休みの前半は過去問ばっかりやってたけど、
夏のイチバンは総復習な訳で、お盆明けから夏期講習テキストのやってない問題(難関校の方)とか、近畿の入試問題(銀本の関西版)のを単元別にやってました。

e0387640_13330956.jpeg
↑近畿の入試問題 (リンクじゃないので押しても飛びません、、、)
単元別➕難易度順なので、苦手な単元とかを細かく探して問題を解くには重宝します。
ここのは解説が詳しいのも良いところ。

結局 銀本は買わないままに終わっちゃいました( ̄▽ ̄;)

近畿の入試問題は難易度順に並んでいて、いつも灘→東大寺がラストを飾っており、東大寺は灘より難しい問題を出すことが多々あるよーですね。
↑うちの子はこのレベルは解かないので、どういう違いがあるのかは不明ですが、東大寺の灘を超えてやるぜぇーという意気込みっぽいものは伝わって来ます💦


ざっくりと、夏休みの日程表をエクセルで作って やることを管理してるのですが、多少流れで変えたりもしており、
土曜日は午前塾で午後バレエで、特に何するか考えてなかったら、うっかり計画モレ、、、(・・?)


という訳で、お試し受験しようか考えている隣県の某校の過去問でもやってみよっか♬と、過去問イレギュラー編☆

某県のU校 H28年度(正解率)
国語 82%(ただし文章題のうちの1つは本文が未掲載だったのでやれず。解いた中での正答率です)
算数 84% 理科 83% 社会 87%

むすめっこ 曰く、社会の時事問題がやはりその県のネタが多いのが面白いとのこと。
御嶽の噴火について答えられなかったのは、遺憾だわ😢
ニュースで見たやろが〜〜💢

この学校はYだと偏差値表には載ってない学校で(←Y谷O塚ヒドイ(-.-;)y)、Nだと偏差値40くらいの学校です。

だから夏休み前半に解いてきた第一志望(Y偏差値50半ば)と、第二志望(Y偏差値ほぼ60)と比べたら、もっと点数取れるのかな?と思いきや、
取れる得点率は似たようなもんでした、、、

どこの学校のでも似たような得点率で、それが今の実力ってことなのかなぁと。
最後の差をつけるためのこの中では難問‼️みたいなのを取れる実力まではないのかなーと。

まああまり我が家 特待とか考えてないので、難問に頭ツッツミ過ぎず 取れるところをキッチリ押さえていくのでもいっかなーとは思っています。

e0387640_20564263.jpeg

さてこの学校はでも、お試し受験候補の1つなのですが、
受かっても通うにはちーとツライ(でもうちの第3希望校とは、通学にかかる時間なら同じなんですけどね💦)
県外校なので、最後の学校の試験が終わるまで入学金待ってくれない😭
↑県内校は協定結んでるのか?、最後の学校の発表まで待ってくれるのです。
(なのでお試しで受かれても、入学金は振り込まないつもりです💧)

過去問対策を大してしなくてもトライできそうなら、入試の雰囲気を味わい、場慣れするのに、受ける日程としてはまあまあちょうどいい。
関東の方でいうところの埼玉受験のよーなもんですが、何が何でも私立というポリシーでもないので、お試し受験するかどうかを悩み中🌀

やっぱり本番は模試とは違う緊張感があるから、体験しておくべきなのか、、、
そろそろお試し受験するかどうかとか、併願校検討ってのもやらないといけない時期がきてるのか・・・


ちなみに過去問の相性は、本人に聞くとなんとなく解きやすいとことと、クセが強いなぁと思うところはあるらしいが、さほどひねった問題は出ないので、相性で併願先を選ぶほどではないかもなぁというのが感想です。
ま、選ぶほどの学校数もないけど。笑笑

昨日は塾で後期の四谷の教本をもらってきて、教本自体が全部過去問特集になってるという。教本は難関校編で、演習問題は有名校ってのをやるんだとか。

ていうか、もうこの地方の学校の過去問でよくない❓とか思ったおかたまでありました😅

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2019年度(本人・親)へ
にほんブログ村

[PR]
# by molmotty | 2018-08-26 22:29 | 中学受験 過去問のこと | Comments(0)
先日は台風の最中、関西に出張してました。

⬇︎せんと君を久し振りに見つけて、思わず写真を撮るアヤシイ女一名。
おぢさま方が意外と皆 見入ってて笑ってしまいました💦
やっぱ、気になるよね〜〜。
おかたまは、おおっと、まだまだ健在だったのか❗️と。←失礼な女

あとこの始発(終点)だからこその、線路がそこで終わってるのが、なんとも不思議な感じで、ついついパシャリ✨

e0387640_19490654.jpeg

さて、週末ようやく落ち着いて記事書けるぅ。
本日は、先日の偏差値50を超えるには その2記事⬇️の国語編です。

算数編チョーろんぐだったので、国語もろんぐ必須かな、、、❓
皆さま、覚悟してスクロールくださいm(_ _)m

てゆーか、ここで閉じられてそーですね。笑笑



さて、国語編も、その1は以前書いてありますが、
算数と違って なかなか対策が打ちにくい教科ですし、でも実力がつけば大した勉強時間を割かずとも得点できるお得な教科になったりもする。

うちのむすめっこは5年の入塾当初、得意教科は理科と算数で、国語は大の苦手😭
何が分かってないのかすら分かってないよーな、ダメダメっぷり。
その上 実はどんな勉強のやり方をしたらいいか、途方に暮れてました。

というのも、おかたまは典型的な文系教科得意派で、いわゆる国語は特に勉強しなくても、何となく分かるし解けるので、苦労したことがない‼️←文系あるある。
だから、そもそも国語の勉強法というのが、何をしたらよいやら、サッパリ分からない。

この記事⬇︎にたどり着くにも、実際にはかなりの紆余曲折あったワケです💧


先に結論を書くと、正しき?やり方をすれば、適切に成績は上がり、国語に関しては偏差値変遷は5年の組分け9回の間に3ずつくらい右肩上がりに上がり続けました。
5年の最後は偏差値60のすぐ直下くらいまで行けました。※1回目の組分け時は偏差値43💧

きちんと地固めすれば、下がるということはあまりなく、今では多分一番な得点源となってる安定教科の一つです。



しかし、面白かったのは、
文系派のおかたまのような 子供時分に本をたくさん読んでるから、なんとなく答えが分かるんだよね〜♬な勉強法は理系っ子のむすめっこには、通用しなかった点ですかねぇ。

むすめっこは感覚的な何となくこういうことだから、というのが納得できなくて、説明文みたいなのは慣れれば(論理的なので)割とできるようになりましたが、
物語文のようなのの理解には大変な苦労をしました。

文系派だと、得てして物語文のが得意だから、おかたまには分からないということの方が不思議でした(ーー;)


ちなみに身近で実際あった例でもあり、おかたまにも少々身に覚えのあるところでは、、、
文系派で5年のとき国語が得意だった子が、6年で失速する例はあります。
これはいわゆる、答えが何となくふんわり解けてきた文系っ子の場合、6年で難しくなったとき、論理的に答えにたどり着けてないと、とたんに点数が取れなくなる。

国語は感覚的に理解するより、論理的に分解して内容を理解する方が最後は強いのだと、理系風な国語の解き方をするむすめっこを見ていると、しみじみ思います。


6年現在のむすめっこは、その算数的な?国語の解き方により、ある種の法則的なものから問題を解くので(!)、なんと記号問題を見る限り、内容あんま理解できてないよね❓ていうか、解釈全然ちゃうくない⁉️と思うのに、
記述問題の正解率5%以下のまで、ことごとく記述は⭕️もらっています。。。部分点になる方が、珍しいくらい。

普通はそれが解けるなら内容は十分に理解できてるはずなのですが、、、、正解率70%越えの記号問題を落としているところを見る限り、
内容理解してるのではなく、ある法則で問題を解いただけなのだと、思わずにはおれません、、、、😱

すなわち ある意味そのよーにして、論理的法則で十分に得点出来るようになるワケであります、、、多分、、、、、、、、、


e0387640_20415376.jpeg

国語はザックリと3つに分けることができます。
論理的文章題と、物語的文章題と、漢字(言葉など)
えーこちらの地方では、詩や俳句が試験に出る学校がないので、そこについては省きまーす😅


まず簡潔にさくっと、漢字についてから〜〜( ✌︎'ω')✌︎
むすめっこの塾では、というか四谷大塚では1週間に50個くらいの漢字熟語の中からの小テストがありまして、入塾当初この漢字テストでなかなか合格点が取れず、毎回ボロボロでした。

だいたいテスト日の前日に10回くらいずつ書いて覚えようとするけど、全然記憶に残っておらず、、、(T ^ T)


さーて、そこでおかたまは考えた。
というのはワタクシはフォトメモリー記憶の持ち主なので、こと暗記物を覚えようとしたことすらなく、写真を撮るみたいに頭に刻めるタイプだからです。
だから、暗記方法なんて、考えたことがナインダヨ😱

まさか覚えられないですとぉ〜〜⁉️ということが、実はおかたまには衝撃的すぎて、本気で我が子は学習障害に違いないと思い、ネットで調べてしまったくらい・・・←まぢです。

そして、暗記ができず忘れてしまうのは子供にとって割と普通であること、
調べていく中でエビングハウス忘却論にたどり着きました。

エビングハウスの忘却論から・・・
度々復習することで脳みそに、こんなに人生に登場するんだから、生きていく上で大事な知識のよーである❗️と脳を騙して、短期記憶から長期記憶への書き込み保存をさせないといけないのです。

そこでおかたまが編み出した?漢字暗記方法は、
毎日一回だけでいいから、その週の漢字を見ながらでいいので書く。
ただ、そんだけです。


むすめっこ、最初は1日10回も書いたのに覚えられなかったものを、たった1回見ながら書くだけでいいの?と不安げでした。
だけど子供なので、たったそれだけなら楽でいいわ〜(*≧∀≦*)なので、素直に従います。笑

そりゃもう、毎日10分もあれば終わりますしね。
でも不思議と4日も書いてると、覚えているんです。
1日1回なので、たった4回書いただけなのに。漢字テストは毎回余裕で合格点があっさり取れるよーになりました。
それが脳を騙せた、っちゅーことです(*´Д`*)
エビングさん万歳です。

ちなみにこの方法を、もるもってぃ家は理科と社会の暗記にも利用しています。
理社は毎日はやってらんないので、四谷の演習問題集の言葉の穴埋めを組分けテストまで、毎週土日に一回ずつやるという感じ。四週も続けてるとかなり覚えられますヨ☆

e0387640_21172076.jpeg
さて、お次は文章題の話です。
文章題対策でいっちばん効果があるのは、ななな なんと(?)
文章を音読させてから解くことです。

はあ?そんだけ???って思うことでしょう。
だけど、まず偏差値50以下の子たちは、文章をちゃんと読んでない場合が多かったりします。
特に中受の文章題は 難しい語彙も沢山出てくるので、そもそもきちんと読めてないのです。読めてないものの内容など、理解できている訳がありません。

音読をさせたとき、スラスラ読めない言葉は 本人の中に存在しない語彙ということです。要するに知らない単語。
なのでそのときに、親が読み方を教えたり、意味を調べたりすることで、自ずと語彙が増えていきます。

おかたまさんは、言葉だけを意味暗記するやり方は、(英単語の暗記なんかもでも)、あまり意味がないと思ってまして、長文文章の中で出てきたものに度々触れているうちに、語彙は自然に身につくものだと思うのです(強いて言えば、エピソード記憶ということ)

音読は一回でスラスラ読めないなら、2度3度読ませてもいいくらいです。
国語得意の上級者は本文を読まず、いきなり問題を読み、そこから推測しつつ かいつまみ本文読みをするそうですが、
ヘボっ子たちは、決してそんなことをしてはイケマセン❣️


音読をすることの良い点はもう1つあって、
その口頭読みスピードで内容理解できるようになっていくので、将来的に文が長文化していったとき、早く読むスピードで内容が頭に入るようになるため、文を熟読してて時間がなくなってしまった、ということになりにくいのです。
また五感を多種に使う方が、脳の働きが良くなるらしーですよ(byドラゴン桜)

e0387640_21300829.jpeg
さて、音読が終わったら、説明文と物語文では少しだけ違うことをします。

☆説明文の場合
1.作者の意見の部分に線を引く
2.具体的な例としての話な段落には"例"、結論などを言っているところは"結"、反論意見など作者の意見とは違う内容のとこは"反"など、段落ごとに分類してみる

要するに全体の流れをザックリと分けてみる訳です。
全体を俯瞰してみると、理解が深まるというか。

そうすると、なんか流れが見えてくるでしょう。
よくあるパターンは、
1.世の中はこういうけどさあ、俺はそーは思ってないんだよね〜〜
→具体例2つ3つ→でしょー?俺の意見はさ、こっちな訳❣️
的、世の常識に否定的に入り、作者の意見を披露する系???

2.最初にズバッと作者の意見を告げる→具体例2,3→んだけど、世の中には受け入れられない問題点があったりしてさ〜→作者の考察→最後のまとめ(最初の意見初志貫徹のときと、多少変化するときとあったり)
こっちのが王道説明文的かな❓

こんな風にして、内容を親とすり合わせしてみてから問題を解く方に入ると、
子供も内容を理解できた上で問題を解くから、ああだからこうかな、というように論理的に考えて解く癖がつきます。

また親と内容のすり合わせをすると、自分の解釈と違うことに気付くこと、それからどこが違ったのか、何が原因なのか、そこを考えることが、正しい読解に近づくステップだと思います。

e0387640_20205051.jpeg
☆物語文の場合
やることは同じなんだけど、物語文ははっきり正解が書いてなくて、心情の読み取りが必要なので、精神年齢の発達がある程度いるのも事実かも、、、💦

物語文の場合は、
1.この話のテーマは何か、一言で言うと?を答えてもらう
友情物語なのか、親子の愛がテーマなのか、などなど、、、
根底に流れる大きなテーマについて考えさせることが大事かと。

2.本文の物語を起承転結 4つに分け、それぞれを端的に(三行程度)で要約させる
↑これがとにかく偏差値50以下な小学生には難しいらしく、だらだら長くと言うか、本文を全部読んでるだけじゃん?的に言ってきたりになります❗️

要約すると言うことは、会話文などの内容を理解したのちに、言い換えて短く言わないといけないワケですが、これがどーにもできないみたい。

会話文を全部あーだこーだ言うので、それってつまり(前半であまり気が合う感じではなかった)二人が言い合いになったってことでしょ?とか、
親が言い換えてあげるうちに、要領を得てきたり、言い換えるということを覚えると、記号問題ってすなわちそう言う問題ですから、そこの理解が出来るようになったりします。

あとここは無駄だから要約には飛ばしていい、とか親とやりあって整理すると、こちゃこちゃしたストーリーが随分整理できる筈です。
話をシンプル化したとき、そのときに登場人物たちの心情がどう変化したのかを答えさせるのが3番目にやることかな。

そう、問題として出てくる物語文の中では、必ず登場人物の心理変化があるはずで、それがどこなのか、何によってそう変化したのか、そこを理解することが大事なポイント。

そのとき、親は子供の答えに対して、なんでそう思ったの?と質問して理由を言わせること。親が納得できない、意味不明な理由を言ってくること多々😭ですが、しつこくなぜ?それだとここが矛盾するけど?こうなの?ああなの??
と、親子で話し合いながら、内容の理解を深める。
それを繰り返すと、論理的に答えを出すように段々となっていきます。

なんとなく、なのではなくて、必ず理由がある。
大人の方が人生の経験があるので、答えを押し付けるのとは違うけど、子供が精神年齢が低くて理解できてなさそうなときは、こういう心理なんだよって教えたりもしてました。

男女の差とかもありますしねぇ。
むすめっこは男の子のプライド問題とかの、意地張っちゃって系の心理がほんっとーーに理解できなかった(^◇^;)

また子供は大人の心理を想像するとかも、やはり難しいですね。
なんの問題だったか、師匠が弟子を思うからこそ、突き放す的な話があったんですが、むすめっこは真顔で、
本当は弟子のことがずっとうざったかったんじゃないか、とか、
嫌いだから嫌がらせを言って追い出そうとしているとか、
言うんですよぉぉぉぉ😱

アホメェェェって思うけどさ、読書量の少ない子で、想像力の低めの事実命な理系理論派には、秘めた心情を察するなんて、高度なこと出来へんのやーーーー

と、諦めて、この場合はね、この人はこういう風に考えて、こういう行動に出たの、と教えて、場数踏むというか、パターン的に覚えるしかないのかもねぇ、っと。



本日も、こんな長文を最後まで読んで下さった方がいらっしゃったら、お疲れ様でございました。ありがとうございます〜〜m(_ _)m

ややおふざけ文体で書いたけど、親子で話しながら大人との認識の違いを感じることで学べるところも沢山あるので、こんな風にして親と交流しながら国語力を高めれば、
本当に偏差値60も超えますから‼︎
諦めずに頑張って欲しいと思っています。

いやむすめっこも、まだまだ頑張って山を登ってる最中ですけどね💦


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2019年度(本人・親)へ
にほんブログ村

[PR]
# by molmotty | 2018-08-24 22:57 | 中学受験 勉強法 | Comments(4)

マヂメな中学受験界に吹き荒ぶ アホブログまんが。たまにおかたまのデザイナー話も。ぷっと笑って少しの間お寛ぎください


by もるもってぃ