もるもってぃ家の中学受験ぶろぐwithでざいなーライフ

molmotty.exblog.jp
ブログトップ
早いもので、もう木曜日、、、
合不合テスト第2回の結果がネットにアップされてました。


今回 取った点数は、前回の第一回よりわずかに点数が増えただけだったので、正直前回と同じような成績(偏差値)なんだろーと思ってました。

どうやら平均点が低かったみたいで、結構よい偏差値が出てましたΣ(・□・;)
Yでは過去最高でゴザイマシタ。
↑注:これまでの成績がヘボいだけ、、、、💧

e0387640_19582408.jpeg

でもむすめっこの各教科でいうと、算数➡️ 理➡️ 社➡️で平行線偏差値。
そーいう意味では算数、ドボンのまま💧
今回なんでか、国語がぶっちぎりでよかった、、、というとこに救われております(-.-;)y-~~~
(初めて見た、あんな数値、、、( ゚д゚)二度はないような気がするので、やはり算数ドボンしないように、テコ入れしないと〜〜〜〜)

夏はオニのよーに算数三昧ぢゃ〜〜〜〜👹



さて、合不合なので、もちろん志望校判定が出てる。。。
(もちろんYネット上では%表示が出てますが、恒例のおかたまのK合塾予備校の合格判定方式で、書いております)


第一志望→A判定(今回はギリじゃない💛)
第二志望→ギリB判定?
第三志望→ここはもう毎度余裕のA判定

隣県の第一と第二の間の偏差値の某校→ギリA判定?
むすめっこがなぜか書いた 関西のS天王寺→ギリA判定??


もるもってぃ家は志望校登録をむすめっこ本人に好き勝手に書かせているため、おかたまも、結果見るまでどこ書いたのか知りません(笑)
なんで むすめっこがS天王寺を書いたのかは不明です( ̄▽ ̄;)
↑もちろん受ける予定はない

多分、合不合第一回やN模試で、あなたの成績で受けれそうな学校とかいうのが、だいたい載っているのですが、そこによくO友とかS天王寺が載っているので覚えてたのかな??という気もします。

e0387640_20034951.jpeg

今回はYでもそれなりの結果が出たことは、むすめっこ よく頑張ったね❣️と褒めてあげたいかな。

だけど、これに奢らず、夏休みは志望校に向けて、みっちり過去問をやりこみ、
本当の合格に向けて、もっと身を入れていかなければならないことは、肝に命じておきたいところ。

本人は高嶺の花だった第2志望が受かるかもしれないという気配が見えてきたので、やる気が出てきたようです。
N模試でそこそこの判定が出た辺りから、もっと頑張りたい〜〜という気持ちが溢れてきたのは見て取れる。

(志望順位はもはや本人の中では1も2も順不同な感じですが、ブログ上は変えるとややこしいので、このまま最後までこの記載のままで通します)

実りある夏休みで、第2志望も射程圏に入れるようにがんばろー
といいつつも、習い事はやめてないは(二学期からは週一に減らそうと思ってますが、たまに運動するのはいい気分転換かなーってことで、やめるつもりはなかったりする💦)、旅行は行くつもりだは、やはり呑気地方の受験は鬼気迫る感じはなさそうなままでゴザイマス、、、(; ̄ェ ̄)

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2019年度(本人・親)へ
にほんブログ村

# by molmotty | 2018-07-12 20:06 | 中学受験 成績とか模試のこと | Comments(2)

さてさて、またまた行ってきました〜〜❣️合不合テスト。

またしてもむすめっこは、お友達と一緒で、楽しい遠足気分♬


電車の中で問題出し合いっこしたり、あーだこーだ(私立中)学校の話をするのが楽しそう。

N女にいった塾の先輩の話から、宗教系の講話は嫌だ~~とか言ってます。


まあおかたまさんも、宗教と哲学が最もキョーミない分野だから分からんでもない( ̄▽ ̄;)


この地方は女子の場合はむしろ、無宗教系のが選択肢多いんでいいですが。

メンズは無宗教は選択肢ほとんどないらしいですね。


e0387640_20154516.jpeg

さて、今回のテスト会場は、N国際中学❣️


もちろん初めて来た。。。

国際バカロレア(海外の大学を受験するための入試基準)の英語教育に特化した学校です。十数年前に大転換して生まれ変わった学校で、大昔はヤンキー私立な方であった、、、💧



昔、部下に中学までアメリカで過ごした帰国子女の子がいたのですが、高校がインターナショナルスクールで、

海外大学を受けるのに、現地に入試に行かず、書類等を出せば合格したとか言ってたのは、多分これだったんだな~~とようやく合点がいきました。


そうか、それが国際バカロレア資格だったんだなーと。


その子曰く、アメリカの大学は国公立でもかなり学費が高いが、カナダは国立大学は無料で、カナダの大学を選んだとか言ってたなぁ。


こういう特徴ある学校は結構好きです💛



ちなみに国際バカロレアの取得は必須ではなく、高2で選択した子だけ1日2時間?余分に授業があり、年間30万学費に上乗せだそーで(^^;;


この学校ではバカロレアのコースでは国語以外の授業は全部英語で行うそーです。



海外の大学に行く子ももちろんいるけど、バカロレアの資格(点数なんだけど、ある意味内申点みたいな感じかな??)を使って日本の難関大学に進学する子も、多々いる模様。




会社で何人か大学を海外に出た子がいたけど、お金かかりそうでナニだけど💧そういう方向性は本当は憧れる〜〜(о´∀`о)

やっぱ海外行って学んでみたかったな~~

RCAとかumeaとかさ。←全部美大。


e0387640_20164693.jpeg


四谷の説明会は、前回と同じ人が来てました。


説明会参加者はせいぜい60人程度❓って思うと、

女子だけで 100人以上だったN模試と比べると、この地方はYは少数派なんだなぁという気もします。



朝早かったので、10時にしてお腹へりまくり💦

説明会の間にザーッと雨が降った模様で、その後は晴れて来て、夏日って感じになって来た~~‼️暑そう


2時間待つの暇だけど、外に出るにも暑そうだから、結局学校内で待つことにしました。




そして翌日、すなわち本日、そっこーで素点発表されてますね、、、

ただ偏差値やら合格判定は木曜日までお預け💧


むすめっこは、もう言い飽きた😅

恒例のまたまた平行線〜〜な感じでした、、、


毎度の試験それぞれで、科目により取ってる割合は変化してるけど、合計点は第一回の合不合の点数より微増。

偏差値出ないと、全体との関係性がドボンなのかキープなのかは不明ですが、まあ変化なしに違いない、、、(ーー;)


まあいつも平行線なので、これが本人の持ってる実力なんでしょう、、、算数のうっかりミス(毎度)も含めて💢

↑は帰って即自己採点して、おかたまさんに怒られて❓日曜の午後は算数解き直しタイムでした💦



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2019年度(本人・親)へ

にほんブログ村


# by molmotty | 2018-07-09 20:17 | 中学受験 成績とか模試のこと | Comments(2)
梅雨が明けそうになったところで、台風からの連日の☔️
さすがに1週間続くと大打撃でゲッソリです、、、(T ^ T)
気怠さマックスなところへきて、日曜日は早朝から家を出ないといけないってヨ😱

今週は塾も合不合対策回で、合不合模試のお勉強といっても、全範囲で何をするでもなかったので、
塾で渡された前年の合不合模試の問題を解くのが終わったむすめっこ。
N女の2017年の入試問題を解いてみました。

e0387640_19145097.jpeg


ということで、過去問トライ#4 はイレギュラーなN女編です。
なんでイレギュラーかって❓それは受ける予定がない学校の過去問なんて、さらさらやる気はなかったから。

それなのに、なんでやったのかって❓( ̄▽ ̄;)


それは、たまたま夕食のときに、
N女はこの地域の最難関だが、算数なんぞは案外 基礎的な問題ばかりで簡単であるという話をしたら、
むすめっこが解いてみたいというので、昨年 学校訪問のとき もらってた2017の入試問題から二、三問 解いてみたのです。
確かに簡単でさらさらと難なく解けた。


だけどね、むすめっこよ、
N女は理科と社会がなかなか考えさせる すごい問題が出るのよ、さすが最難関ってかんじたぜよ⁉️
という話になりまして、、、

んだったら解いてみたいというので、
まあ入試問題解くのも、ある意味模試の勉強にもなるだろ〜〜と。
やってみることに。


まず、理科。
その年の、おぉっとこんなん小学生に考えさせちゃうの〜〜⁉️という、二十億年後の星座の形を答えさせる問題とか。

うちのパターン暗記派には、およそ解けんやろ〜〜とタカをくくっていたら、思いの外その手の問題、得意だったそーで。

あなどってスマソ( ̄▽ ̄;)

ええーと、最終的には出来は(配点不明なので、正解率) 50%
思考系問題の方が楽しいらしいです。
この時期にしてはそこそこやれたね〜。そこは褒めてあげたい。



同じく社会もやってみた。
社会もはっきりとは習ってないような類いを、知ってる知識を組み合わせて、複合的に考えさせることで答えに導くような問題あり、
N女の問題は深いわ〜〜❣️としみじみでしたが・・・
むすめっこ、記述大王なだけあって、そっち系のがイケルんだって。


なんと社会は、正解率77%でした。
うわぉ、思ったよりスゴかった。
ちなみに過去やった偏差値下のはずの第一志望や第二志望の過去問社会は、大体60〜65%程度の正解率でした。


算数は割と基礎的な問題も多く、思ったより全然解けるので(時間は無制限でやってるので、かかってる時間は1.5倍くらいです💧) 正解率なんと、80%

e0387640_19131935.jpeg

GWに第一希望と第二希望と過去問解いたけど、なんと得点できた順が
N女>共学T>A S という、、、偏差値が上の学校のが解けてて、低い方の学校のが取れてないってのが不思議。
何でしょうねぇ。この地方は、難関校の問題のが難しいとは、一概に言えないってことかな?

模試の結果の割には健闘できたんじゃなかろーか❓


模試と過去問の出来の乖離がスゴすぎる、、、(-.-;)y-~~~
こんなオンナの、模試でのN女の合格率は、
Y模試は容赦なく20%で、N模試でもR3には足りてないですけど、、、💧


あ、こうやって基礎的で簡単めだから、皆受かると錯覚して、だけど倍率4倍の壁に阻まれて散っていくのね(T ^ T)

学校説明会に昨年行ったときは、6割取れたら受かりますとか言ったけど、それウソでしょ〜〜〜〜と声を大にして言いたい。
むすめっこより、かちこい子たちはよゆーの百点争いってことなんじゃないかな。
↑なにしろ、近い将来 国医へ現役でバンバン受かるような秀才集団❣️



まー、しかし、受からないに決まってるが、もし受かったとしても行かないと思う。
だってなんか自信溢れる意識高い系の才女✨の中に、天然ゴリラ🦍娘がいる姿が全然想像できない。爆笑🤣 ←受ける予定はありませぬ、、、


あと、ホントに一切宿題とか出ないらしくて、
わーい💛宿題ないって〜〜( ^∀^)って、1人お勉強しないままに周囲に置いてかれて、気付けばスゴいことになってそーなんだもん‼️

管理系の学校で宿題課題やってるうちに、そこそこ出来るよーになってたって方が絶対 合ってる気がする(; ̄ェ ̄)



難問でないこの地方の入試は、基礎的な問題に強い子にはありがたいですが、落とさないノーミス合戦になるので、それはそれでシビアな戦いになりそうですネ。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2019年度(本人・親)へ
にほんブログ村

# by molmotty | 2018-07-07 20:23 | 中学受験 過去問のこと | Comments(0)
先日のN模試で聞いた国公立の中高一貫校のハナシが興味深かったので、キョーミ本位の覚書でゴザイマス。

しかーし、もるもってぃ家にとっては、ポリシー外なので💧(もともと中高一貫で先取りによる大学受験に有利なこと、が求めている部分) なので先取りしない国公立は受けるつもりがありません😅

e0387640_20580045.jpeg
最近では全国的に公立中高一貫校が増えている傾向ですが、、、
この県は全くその傾向になく( ̄▽ ̄;)、厳密にいうと公立中高一貫校は存在しません。

国立は、N大学(教育学部)附属の中高一貫校(高入アリ)1校と、
A教育大学附属が、優先的進学枠はあるけど、厳密には中高一貫ではない学校として2校。


N大附属は、教育理論の実証実験をするための学校で、A教大附属は大学生が教育実習をするための学校。
少々求められる傾向は違うのかな❓

昨今A教大附属は高校から大学への優先推薦枠が多少あるようですが、
NもAも基本は附属だからといって、上の大学に入れるのとは違うと明言してます。
国立大なので、普通の子と同じようにセンター+大学受験するのみ。



模試会場で聞いた話の中で面白いなと思ったのが、

N大附属の場合、お勉強の試験(四教科にハッキリ分かれてなくて、教科混合・複合問題なのが私立受験と最も異なる点かな?)+作文+ディベートというかグループディスカッションが、入試内容です。

その後 面接もあるそうですが、倍率が高くて、試験受ける人数が多すぎるときは、面接は無しだそうです。
昨年の倍率は男女とも8倍超え、なかなかの人気っぷりですね、、、
F君効果もあるのかな❓❓



お勉強の入試は必ずしも点数の上から取っていくとは限らず、その年の研究内容に必要な層を取るので、毎年取る子の傾向は変わるそうです。
一例としては賢い層ばかり集めたいときもあれば、均等に成績の分布が欲しいとき、ある教科に特化してる子が欲しい等。


ただ基本は、将来の日本の発展に教育はどうあるべきかというような視点で、研究テーマが考えられることが多く、
昨今だとやはりグローバルリーダーの育成とかが求められたりするので、グループディスカッションでリーダーシップを取れる子の方が受かりやすいとかはあるらしいです。


N塾の先生も言ってましたが、取る基準が一切情報として外に出てこないので、対策も立てづらく、傾向も変わることがあるので、絶対とは言えないところが、ヒジョーにやりにくい模様(^_^;)


入学後の学校の勉強は調べて発表するというようなスタイルのものが多いのが特徴。
公立なので、普通の教科書。先取り勉強はしない、どころか研究テーマのための調べ学習等のため、教科書が終わり切らないという方の問題が出ることもあるのだとか。

深く学べるようなメリットはあるかもしれないけど、大学受験対策は全て個人次第。

N大附属は、それなりに優秀な層がそこそこの進学実績を出しているようですが、これはもちろん個人の資質、努力と予備校の為せる技とのことです。苦笑💦

e0387640_20514917.jpeg

一方 A教大附属は、教育実習の練習のための学校なので、入試に関しては比較的普通に 入試の点数のいい子から取られるというか、
合格者クリア点が定められていて(もちろん非公開) そこをクリアした子たちが一次突破となり、その人数が定員より多いときは抽選になるのだそーです。

過去、一次突破者が2人だけ多かった年などは、抽選で2人だけ落とされたとか、、、、😱
それはそれで、なんかショックでしょうね、、、



A教大附属は中学(2校はかなり離れた別々の場所にある)と高校はかなり離れた場所にあり、しかも実は高校はあまりレベルが高くないめ(ーー;)

附属中学の子たちは昔から ほとんどの子は公立高校受験をし、それぞれの地域のトップ高などへ抜けていくという方が主流です。

高校への連絡進学の優先的 推薦ができるというだけで、N大附属のように中高一貫とはうたってません。基本は中学と高校は別物感覚です。

んだけど実はA教大附属は小学校がそれぞれあって、小学校から中学へはほとんど全員が推薦で上がるので、ある意味 小中一貫校✨

A教大附属の方は倍率は2倍代くらいらしいです。


どちらの学校も、冬休みが明けると早々に入試があり、受かったら必ず行かないといけないので、一月半ばから入試が始まる私立との併願はしにくいですね。
勉強も私立受験の方がよほど範囲も広く深いし、その反面 N大附属などは変わった傾向のある種の難しい考えさせる問題がでるので、国立附属本命の子は専門塾へ通う方が良いのかなという感じはします。
作文とディベート対策がいるもんねぇ。


以上キョーミ本位なまでの話でした。
全部が塾模試のときに聞いた話ではなく、ジモティ育ちのおかたまが長年県民ゆえに聞いた話等と、その主観的感想も含んでおり、
本気で受験する方はご自身でキチンとお調べくださいね〜〜

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2019年度(本人・親)へ
にほんブログ村

# by molmotty | 2018-07-07 08:10 | 中学受験 | Comments(0)
公開期間が過ぎたため、この記事は本文を消去致しました
ご了承ください

# by molmotty | 2018-07-04 21:11 | 中学受験 | Comments(7)

マヂメな中学受験界に吹き荒ぶ アホブログまんが。たまにおかたまのデザイナー話も。ぷっと笑って少しの間お寛ぎください


by もるもってぃ