もるもってぃ家の中学受験ぶろぐwithでざいなーライフ

molmotty.exblog.jp
ブログトップ

理社特訓DAYしたハナシ

今週末はお金もったいなかったけど、N模試はブッチして💧
理社特訓DAYを敢行〜〜〜〜ᕦ(ò_óˇ)ᕤ


おかたまはもうすぐ北米に駐在に行ってしまう友達と、お別れ飲み会と称し 昼間っから呑んだくれーー(*≧∀≦*)←ちなみに第2回であった、、、
(結局それをダシに飲みたいだけじゃんっつー😅)

しっかし、どうも最近アルコールアレルギーを発症しつつあって、いつまで飲めることやら( ; ; )

e0387640_11043921.jpeg

さて、先週こりゃ〜 一旦テコ入れ必要と判断した理社。
土日で5年〜6年(2回まで)の組分けテストの理社を解き直すことに。

と言っても、一日で3〜4回分やるのが関の山なので、
まずは忘れてる率 高そうな❓
5年の1学期分(第1回〜4回)と、社会で苦手な5年3学期から6年の4月までの(幕末〜戦後史と、公民がいつも模試で低いんで、、、)5年9回〜6年2回まで。

歴史は割と得意だから、5年の2学期分であるところの第6〜8回は次週に回した。

ちなみに5年の夏休みに それまでの組分けを解き直しはしており、冬休みにもやってはいる。春休みはやってないから、5年の3学期以降のは解き直しは初。


ざーっと見たところ、やった回は全て9割以上合っていたので、
まあまあ❓それなりに知識の積み上げは出来ていたのかなぁとは感じた(テスト当時は理科も社会も大抵6〜7割の得点しかとれてませんからねぇ、、、💦)


こうしてみると、5年のときはそれでも基礎的で簡単で、6年の模試は応用で入試レベルにアップしてて、そこについていけるようになってたんだなぁと。
その割には毎日のメモチェの暗記のヌケはヒドイけどΣ(-᷅_-᷄๑)


塾はどうしても算数主体で、授業数的には算数3:国語2:理科1:社会1なんですが、宿題は圧倒的に算数ばかりになるので、平日は家庭学習はほぼ算数だけで終わる感じ💦
算数特訓はありがたいけど、そろそろ理社も詰めていかないとねーなとこは、家で賄うしかないのだわ・・・💨

うちの子が受ける学校は全部傾斜配点なので、算国100点 理社50点だから、当然算国がとれた方がいいには決まってるけれど(もう算国が、ここからぐっと伸びることはないと塾は言うので)
現状あと5点たりなーい、をそこで取れるようになっておきたいという目論見でありました。
理社で暗記モノを漏らさず取ることで10点くらいは稼げるワケで。



間違えたところは、丸付け後にノートにまとめなおし。
とうとう11月突入で、最初の入試日まであと2ヶ月半になった。
日付に直すと75日くらい。本人の本命は入試2月だからあとジャスト3ヶ月あるけどさ。初日入試からは毎週入試が続くから、あっという間に感じるんだろーなぁ。

大人にはもうすぐってひしと感じるけど、小学生には秋の半ばに冬の話なんて遠い先のことにしか感じないみたい😭
むすめっこはうおおおおーとやる気スイッチみなぎってくる感じもないけど、コツコツとひたすら怠ることなく毎日それなりの時間を費やしてるから、ラストスパートでぶっちぎるタイプではなく、淡々とこのまま進むのがいいかなあと思ってます。


昨今感じるのは、勉強は実力がつけば、成績ジェットコースターってことはなく、どの模試でもなんだかんだ同じ結果がちゃんと出る。
スポーツとかよりも、きちんと実力が出るし、努力は裏切らないよねぇ、と。
偏差値と模試と過去問の出来とどれを信じる?なんて検索したこともあったけど😰、今はそう、同じことなんだなと。

過去問できるなら、実力はその偏差値レベルに到達していると言えるし、
偏差値がかなり足りないとなると、結局過去問解ける実力もない。
なんとない相性があるのは分かるけど、そこで左右される部分はわずかで、実力が養えてれば、きちっと点数が取れる。

むすめっこは、(元?)第1が余裕で取れるようになったけど、(元?)第2にはわずかに足りない訳で、そこの部分の実力差をあと2ヶ月半でどこまで上げられるかだなぁと。

本当に受験は自分との戦いで、たまに周囲を蹴落とそうとする子を見ると、なんか違うだろ⁉️っておかたまは思います、、、( ̄▽ ̄;)
どこまで食らいついて努力するかだけだよ〜〜🌟

一番しんどい時期だけど、6年生の皆が自分の目標目指して頑張ってほしいと思ってます。

[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by molmotty | 2018-11-04 11:04 | 中学受験 勉強法 | Comments(0)

マヂメな中学受験界に吹き荒ぶ アホブログまんが。たまにおかたまのデザイナー話も。ぷっと笑って少しの間お寛ぎください


by もるもってぃ