人気ブログランキング |

もるもってぃ家の中学受験ぶろぐin東海地方

molmotty.exblog.jp
ブログトップ

偏差値50を超えるためには算数編2

このブログにときどき偏差値50を超えるためにはどうしたら?というような検索ワードでたどり着く方がいらっしゃいます。(かつて書いた⬇️下記記事があるからですね😅)


その切実なお気持ちはワタクシも痛いほど分かる(T ^ T)
えぇ、我がむすめっこ、突然中学受験コースになんの準備もなく新5年から入塾したので、初の組み分けテストでは、四科総合偏差値が40😭でしたから。
ちなみに算数は39で国語は43だったかな。


ということで、本日はマヂメに、
偏差値50を超えるためのハナシ第二弾を書こうと思います。
このレベルで悩み苦しむ方の一助になればと思いますが、ただの一家庭の一例で、プロではないので、こういう意見もあるよ、というだけのものでありますが、、、💦

e0387640_07573190.jpeg
特に一般的に中学受験をするようなお子様たちは学校では賢い方ですから、中受塾に入って偏差値が50超えないと、結構親御様はショックを受けますよね(;゜0゜)

あ、もちろん最初っから、何もしなくてもフツーに偏差値60超えてたしぃ〜という天才君&天才ちゃんは、(こんなブログ読まないと思うが)、この記事を読む必要はないので、飛ばしてくださいね( ̄∇ ̄)


中学受験はもちろん賢い子たちの中での戦いなので、偏差値が50切ったからと言っても、恥ずかしいことなどは全然ないのですが、
偏差値50を超えたいというのは、最初の壁なのかなと思います。


まず、どの塾であろうと、偏差値が50を切っている状態のときは、
その塾のカリキュラムについて行けていない部分がある
ということを示しているのだということは、親が認識しないといけないかな❓と。

そして、そこから脱却したいなら、
おかたまは声を大にして言いたい‼︎

そういうレベルの子は、
親がみっちり手をかける必要がある❗️
残念ながら、ひじょーに残念ながら、、、(~_~;)
塾に任せておけばおっけー🧡になんて、なれるのは上位層の子だけです。

ただ多くは、親が手をかけてあげれば、偏差値50は超えられるようになると思います。
偏差値の壁はその後、55とか60のタイミングでまたやってくる感じですが、
55くらいまでは本人のやる気と努力でいけると思います。



まず今回は算数のハナシから〜〜⭐️
理科社会は時間をかけて丁寧に暗記すれば、大抵どうにかなるはずなので省きますが、国語と算数では少々対策の仕方が違うので、国語は次回の記事に致します〜💦


偏差値50を超えられない場合、2パターンが考えられます。
1.授業内容を理解できてない
→塾の授業で先生の話を聞いた時は分かったつもりという子も多いです

2.内容は理解できたが、演習量が足りない
→テストの時にさっと知識を取り出せるレベルにない

偏差値が45切っている教科の場合は、明らかに1の方だと思います。
45〜50の間の子だと、2のタイプも結構多いと思います。
もちろん、単元によって1と2が混在する子も多いです。

e0387640_07584640.jpeg

次なる親のステップは、
どーやって1か2か見極めたらいーのさっ、ということですが、

まず単元を習って2週間くらいした頃に、塾の教材の授業でやった例題的な問題をお子様に再度解いてもらってください。

例題は問題なく解ける、解き方を理解できてると親が見て取れるなら、その場合は2の方だと思われるので、
演習問題集で基礎問題を沢山解いて、知識をスラスラ取り出せるようになれば、多分すぐ組み分けテストなどの偏差値で50行けるようになると思います。

50目指しているうちは、基礎みっちりで発展的な問題をやる必要はないです。
どこの塾のテストでも基礎問題がきちっと取れれば、偏差値50くらいいけるようになってると思います。


塾がある平日に宿題をこなしながらは、時間の捻出は厳しかろー💧と思いますが、
余裕を作れないなら、土日に週テスト等を受けるのをまずはやめて、家庭学習でそういう時間を作る方が良いと思います。
↑家庭だとサボるだけだしっ、親は忙しくて見てらんなーい💢というときはもう、個別とかカテキョに頼るしかないかも、、、


週テストより復習の演習を重視❗️というのは、
そもそもきちんと身についてない状態で週テストを受けても大して点数は取れないか、習ってすぐの週テストではまだ何となく覚えてて、そこそこ点が取れてしまったとき、なんだできるじゃんと勘違いして復習の機会を持たぬままになりがちだからです。

週テストを受けるのがダメな訳ではないです。
そこでちゃんと理解できたかどうかの確認はできる。だから週テストの復習をまた次の週にもやるというなら、それも構わないと思います。
でもハナから理解度合いが怪しそうなら、週テスト受けるより、その時間を復習に当てることを優先する方が後のため、と思います。

そういう、子のレベルを親がしっかり見極めるべきなんです。
週テストでうまく回せてて、定着もはかれてるなら、塾のペースが合っているということで、それなら多分苦なく偏差値50は取れるからで、
取れないんだったら、どこかに引っかかってるポイントがある。
そこを改善しないことには、成績が上がる訳はないのです。



特に5年生時点で、
後々の入試勉強期までを見据えたとき、完璧に身についている、何度も復習してしっかり覚えている、という状態にたどり着いている方が、6年になってから楽❣️

というか、このレベルの子たちは、ちゃんと何度も復習して頭に刻んでおかないと、6年でスパイラルでまたやるからと言いますが、そのとき相当忘れてしまっていて(−_−;)穴だらけの知識に成り果てており💧
また一から身につけ直すも同然になってしまうからです‼️

ええ、かちこい子との差はそーゆーとこでも顕著(T ^ T)
理解度の差もあるけど、記憶力の差もかなりあるよーに思います😓




次に1の、
そもそも授業内容の理解が出来てない の場合は、その塾の授業でやった教本の例題を親御様も一緒に解いてみてください。
お子様がどこで躓いているのか、分からないところはどこなのか、一緒に考えて 教えて導くしかないです。

もし塾の教本自体が難しくて理解できていそうにないというときは、下記のようなもっと優しく噛み砕いて説明している市販の本を使うのも手です。
⬇️はうちが買ったのは国語だけだったので、写真が国語のままですが💦
4教科それぞれあります
e0387640_07170698.jpeg
e0387640_07173486.jpeg

勉強は分からないまま放置して進んでしまうのが一番良くないです。
今の時点で、すでにかなりの期間 偏差値50以下が続いているというなら、土日は思い切って単元を戻ってやり直しをした方が良いです。
急がば回れじゃないですけど、そこをしっかり戻って理解してから進むようにすれば、6年には追いつけます。



今回おかたまが書いたのは、本当はただの一般論と同じです( ̄▽ ̄;)
でも分かってても対策を取らないままに、ズルズルと塾のカリキュラムに引きずられて復習の時間が取れないという子が多いと感じてます。

分かってても実行出来ない人が多い。
でもおかたまは、親の覚悟次第なんだと思うんです。
週テストをやめる勇気、子供に土日に教える勇気。

もちろん、誰も彼も上位校を目指してるわけでもないし、無理ない努力でそこまでせずに楽に行けるとこでいいしって、ご家庭の方針もあると思います。
でも時間を割き親が手をかけてでも、成績を上げたいと思うなら、まずは始めてみなければ。


でもいい効果もあるの👍
だって小学生は素直だから、勉強が解るようになれば楽しいと思えるようになるし、
仲間にすげーっていわれるようになると、俄然その分野では頑張るようになったり。
この復習を踏むステップを身につけることは、今後の中高でも役立つと思いますよ。
自分で学ぶ方法が身につくので。

e0387640_07592961.jpeg

実はおかたまは自分の高校がスーパー管理系ガリ勉学校で、小テストの嵐&宿題の嵐でした。
それに振り回されているうちに、理解の覚束ない教科がやり残しを多数残したままになって積み上がるという残念な( ̄◇ ̄;)経験をしました。
だからこれは、自分の失敗から学んだ、アンチテーゼなんですよね。あはは😅

自分の子はこういう風にさせてはいけないと(うちの子 塾のカリキュラムに乗っかるだけでスイスイ行ける子ぢゃなさそーーー😱って感じてたとこもあり)
入塾時から週テストはうちは受けませんと宣言して、土日は徹底して塾の予習復習に当ててきました。


塾の演習時間で復習してるし、って言う方もいるけど、
それはもちろん それで成績が良いレベルでキープできているならおーけー👍ですが、だったら偏差値50超えられない〜〜って悩む訳はないと思うので、
そういう思いでこれを見ている方には、
自力で一人で解けるまで復習する時間を持つことの 大事さを知ってほしいと思います。

塾だとある程度の時間過ぎたら すぐ解説授業に入るので、説明してもらって、また理解できた気になるだけだったり、分からないとすぐ説明聞けばいいしってなるから。

自分であーでもないこーでもないと、もがきながら解答にたどり着けた経験をできた子は、その解法、理解がしっかり身につきます。
というか、本当にはそういう体験をした問題しかちゃんと身に付いてないです。



こんな長文、最後まで読んだ方いらっしゃるのかしら、、、💧
お読み下さった方々には お礼申し上げます〜〜
全然上から目線のつもりはなく、同じようにもがいた親の、一応の脱出方法の一例として、多少のご参考になればと。

なんと3日もかけて書いたので(それでも多すぎる文を削れなくて、申し訳なく思う、、、)

端的に書けないタイプですいませーーん(^^;;

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2019年度(本人・親)へ
にほんブログ村

Commented by sutekinakurashi7 at 2018-08-19 13:37
こんにちは♫
先ほど途中で誤送信してしまったかも知れません。汗
もし届いていましたら、お手数ですが消去して頂けると助かります。スミマセン。

今日の記事、じっくり読ませて頂きました。ごく普通の子どもを持つ親として、深く共感しました。これは中学受験だけでなく、高校、大学受験にも通じる真理ですね。
その子が今居る場所から始めること、自力で出来るようになるまで演習を繰り返すこと、そして高校受験ぐらいまでは特に、必要に応じて親がサポートしてやることが、私も重要だと思います。
有名塾に入れば成績が上がる、と思っている親御さんも多いと思いますが、ぜひこの記事を読んで欲しい┄。(もちろん、もる様も仰るように、一部の元々デキルお子さんは別ですが。笑)

それと、親がサポートすることを過保護と見る向きもあるようですが、勉強を見てやることで、子どもがいかに大変なことをやっているのか、理解することも大切ですよね(^-^)

これからも陰ながら応援させて頂きます。ご体調にはくれぐれもお気をつけ、乗りきって下さいね♥ HIGA
Commented by studyjournal at 2018-08-19 13:40 x
もる様、こんにちは。

大作ですね~とても参考になります。いちいち頷きながら最後まで読んでしまいました。うちの場合は通塾開始は5年生ですが、3年生からリトルくらぶ(四谷大塚の通信教育)に取り組んでいたこともあり、4年生時の組分けテスト偏差値(自宅受験なので参考数値ですが)は50~58くらいでした。ですので、ずっと偏差値60の壁に挑みつつ、今やっと超えそうかなって感じです。(四谷大塚の偏差値だと、ここを安定して超えてくるとCコースですよね)

でも、おかたまさんのまとめを読んで思ったのですが、親のかかわり方の真髄は全く変わらないと思うのでした。特に私が、その通りと思ったところを、超厳選1か所だけ挙げますね。

>そういう、子のレベルを親がしっかり見極めるべきなんです。

これに尽きます。レベルにあわせて子が今やるべきことを選び取ることです。うちは4年生のときは通塾していなかったので、普段の学習プランは親が考えていたのですが、演習問題集のレベルとか分かっていなかったですね。恥ずかしながら御三家狙いなので、やっぱり早いうちから「応用」演習問題集に取り組まないといけないのでは、と思っていました。でも、通信のアドバイザーの方に、それはCコースに行ってからにしましょう、とはっきりと言われて目が覚めました。時間が限られているなら、今やるべきは(普通の)演習問題集の徹底です、と。

結局、今はCには定着したように思いますが、応用問題集はSを目指すにあたりこれから本格的に取り組むって感じです。逆にいうと、そこまでも(偏差値60くらいまで?)、予習シリーズの練習問題レベルが完璧にできれば到達できるってことです。限りある時間の中で、何をとり何をやめるかは、こうして書いちゃうと当たり前だけど、やっぱり勇気いりますよね、特にやめる方は。

長く書いたわりに、おかたまさんのご見識に何ひとつ付け足すことがなくて恐縮ですが、やはり表面的に「週テストをやるかやらないか」とか「どの問題集を使うか使わないか」ということにこだわるのではなくて、自分の子どもの(ここ大事!)躓きの理由をきちんと分析してその対策を取捨選択する(特に捨てるところ!)、ってことに尽きるのだと深~く共感した次第です。
Commented by molmotty at 2018-08-19 21:23
HIGAさま
こんばんは。
誤送信はなかったので大丈夫ですよ〜🙆‍♀️

超ロングな文面を読んでくださり、ありがとうございますm(_ _)m
勉強論としては、自分の高校時代の失敗から来ているところなので、根本は中受でも高校受験でも大学受験でも同じことが言えるとは思います。

分かるようになるまでやれば、必ず階段を登って行けますし、落ちこぼれたって戻ってやり直せば、いくらでも巻き返しははかれます(*^^*)(←リアル実体験より)

親がみっちり面倒を見るのは、流石に大学受験くらいになったら、なしであってほしいですが( ̄▽ ̄;)(笑)
まあでも、勉強を教えるのとは違う方向でのサポートはずっといるのでしょうね。
私はそれは過保護とはちょっと違うかなと思っています(o^^o)
親は子供が夢を叶えるための、一番の応援者だから。

私自身はセコイ合理主義なので、がりがり勉強して頂点目指せ〜〜❣️という方にはならず、自分の目指す目的が叶うレベルにたどり着ければいい(出来ればなるべく要領よく🧡)
という考えで、必要な分だけしかオベンキョやらない派ですが、、、😅

自分の体験が誰かの夢を叶えるための手助けになるなら、人生の先人として少しだけアドバイスできればなぁと。そしていつかは子供たち自身が、自分の経験値を糧に自らの足で歩んで行ってほしいなと思っています。
Commented by molmotty at 2018-08-19 22:48
study journalさま
こんばんは🌙
3日もかけて書いた超超長文を最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
(もっと簡潔に書ければいいのですが💧文才なくて、、、(; ̄ェ ̄)3日もかけるなら推敲しようよっていう、、、💨)

そう、そうなんですよね。
私が拘束時間の長い塾を嫌う理由と同じなのですが、勉強はその人、人のレベルに合わせた内容&適した量をやらないと意味がないのですよね。
そしてそれは、どの偏差値帯の子でも同じことなんですよね。
それぞれに必要なことを見極めてやっていかないと、賢い子たちは子たちで無駄が多くなってしまいますしね。
そして見極めて取捨選択できるのは、結局は親とか個別なりカテキョなり、とにかく本人に合わせたコンテンツを作れる人で、集団塾は最初の授業のペースメーカーにしかならないなあと。

study journalさまのおぼっちゃまとはレベルが段違いに低いのでお恥ずかしい\(//∇//)\ですが、この5年時 偏差値50前半だった娘が、偏差値ほぼ60の学校に行きたいなどと言い出したため( ̄▽ ̄;)、
私は長期計画で段階的に上げて行く戦略を地味〜〜に進めて来ました。
夏あたりでまあまあ狙い通りに行けたようだと感じました。

それはやはり同じ考えで、基礎を完璧にしてから、少しずつレベルを上げた問題にしていって、地道に階段を上ることでした。
自分の高校時代の反省から来てる対策でもあり、管理系学校で学んだ勉強の仕方が活かされているとこもあります(悔しいけど💧←自分の学校の勉強スタンスはキライだった、、、)
Commented by molmotty at 2018-08-19 22:48
study journalさま
(続きです、長くてスイマセン〜〜)

私はその点は御三家狙うのも同じことだと思っておりまして、段階的にステップを踏んで行けば、高みに登れると思います。
うちの子だとて6年計画くらいだったら、やれるかも⁉️笑笑
中受で浪人するのか??ってハナシですが(^◇^;)
(↑一年生からやればたどり着けるというのとはちょいと違います💦難しい勉強はそれを理解できる精神年齢も必要だから、、、だからうちの娘が六年生×三年間あれば、御三家レベルまで上げることが出来るかなー??という感じです)

だからワタクシ、おぼっちゃまは必ずや憧れのお父様の学校の門をくぐれると信じていますし、夢を叶えるための筋道を立て実行して行けば、それはたどり着けるものと思っています。
そして夢を持っている子は強い。憧れの学校がある子は頑張れる❣️
↑娘はそこを焚きつけて頑張らせてる感はあります(^^;;
おぼっちゃまも頑張って〜〜🧡応援しています♬
Commented by 関東6年女子の母 at 2018-08-20 18:38 x
こんばんは😃🌃
私は、お母様の言葉をちゃんと聞き、
こなす1号ちゃんが本当に偉いと思います(^_^)v
思い通りに動かないのが子供ですから。
そして、きちんとフォローできるお母様だから、
成績が伸びたのだと思います(^_^)v
誰がやっても上手くいくわけではないけど、
とても参考になる内容でした‼

そして、塾との相性って、あるんだなあとも。
宿題ガッツリの塾だったら、
自主的な勉強はここまでできませんよね。
うちの子に何が合うか、
それを忘れずにいたいと思いました。
Commented by molmotty at 2018-08-20 20:07
関東6年女子の母さま
こんばんは〜〜🌝
確かに反抗期来る前だから やれたとこはあるかもしれません( ̄▽ ̄;)
中学生にもなったら親のいうことなんて、聞かないでしょうねぇ💧

それまでに勉強のやり方というものを、教えておきたかったというところはあります。
予習をやることで授業の理解度はあげられること、復習を何度も繰り返せばいつかはできるようになること。

塾のタイプの向き不向きはあると私も思います。
私は自学時間の作れないタイプの塾はキライですが💦、サボっちゃう系の子は明らかに拘束系塾に入り直して、成績上がってましたし😅
競争芯の強い子は独学系より、競争したり順位を争う方が伸びたりしますしね🧡メンズはそういうタイプも多い気がします。

それぞれが自分に合う方法での、ベストを探すしかないんですよね。
まあそれは塾だけじゃなくて学校選びも同じことが言えるのかもしれませんね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by molmotty | 2018-08-19 08:23 | 中学受験 勉強法 | Comments(7)