もるもってぃ家の中学受験ぶろぐwithでざいなーライフ

molmotty.exblog.jp
ブログトップ

国立・公立中高一貫のハナシ

先日のN模試で聞いた国公立の中高一貫校のハナシが興味深かったので、キョーミ本位の覚書でゴザイマス。

しかーし、もるもってぃ家にとっては、ポリシー外なので💧(もともと中高一貫で先取りによる大学受験に有利なこと、が求めている部分) なので先取りしない国公立は受けるつもりがありません😅

e0387640_20580045.jpeg
最近では全国的に公立中高一貫校が増えている傾向ですが、、、
この県は全くその傾向になく( ̄▽ ̄;)、厳密にいうと公立中高一貫校は存在しません。

国立は、N大学(教育学部)附属の中高一貫校(高入アリ)1校と、
A教育大学附属が、優先的進学枠はあるけど、厳密には中高一貫ではない学校として2校。


N大附属は、教育理論の実証実験をするための学校で、A教大附属は大学生が教育実習をするための学校。
少々求められる傾向は違うのかな❓

昨今A教大附属は高校から大学への優先推薦枠が多少あるようですが、
NもAも基本は附属だからといって、上の大学に入れるのとは違うと明言してます。
国立大なので、普通の子と同じようにセンター+大学受験するのみ。



模試会場で聞いた話の中で面白いなと思ったのが、

N大附属の場合、お勉強の試験(四教科にハッキリ分かれてなくて、教科混合・複合問題なのが私立受験と最も異なる点かな?)+作文+ディベートというかグループディスカッションが、入試内容です。

その後 面接もあるそうですが、倍率が高くて、試験受ける人数が多すぎるときは、面接は無しだそうです。
昨年の倍率は男女とも8倍超え、なかなかの人気っぷりですね、、、
F君効果もあるのかな❓❓



お勉強の入試は必ずしも点数の上から取っていくとは限らず、その年の研究内容に必要な層を取るので、毎年取る子の傾向は変わるそうです。
一例としては賢い層ばかり集めたいときもあれば、均等に成績の分布が欲しいとき、ある教科に特化してる子が欲しい等。


ただ基本は、将来の日本の発展に教育はどうあるべきかというような視点で、研究テーマが考えられることが多く、
昨今だとやはりグローバルリーダーの育成とかが求められたりするので、グループディスカッションでリーダーシップを取れる子の方が受かりやすいとかはあるらしいです。


N塾の先生も言ってましたが、取る基準が一切情報として外に出てこないので、対策も立てづらく、傾向も変わることがあるので、絶対とは言えないところが、ヒジョーにやりにくい模様(^_^;)


入学後の学校の勉強は調べて発表するというようなスタイルのものが多いのが特徴。
公立なので、普通の教科書。先取り勉強はしない、どころか研究テーマのための調べ学習等のため、教科書が終わり切らないという方の問題が出ることもあるのだとか。

深く学べるようなメリットはあるかもしれないけど、大学受験対策は全て個人次第。

N大附属は、それなりに優秀な層がそこそこの進学実績を出しているようですが、これはもちろん個人の資質、努力と予備校の為せる技とのことです。苦笑💦

e0387640_20514917.jpeg

一方 A教大附属は、教育実習の練習のための学校なので、入試に関しては比較的普通に 入試の点数のいい子から取られるというか、
合格者クリア点が定められていて(もちろん非公開) そこをクリアした子たちが一次突破となり、その人数が定員より多いときは抽選になるのだそーです。

過去、一次突破者が2人だけ多かった年などは、抽選で2人だけ落とされたとか、、、、😱
それはそれで、なんかショックでしょうね、、、



A教大附属は中学(2校はかなり離れた別々の場所にある)と高校はかなり離れた場所にあり、しかも実は高校はあまりレベルが高くないめ(ーー;)

附属中学の子たちは昔から ほとんどの子は公立高校受験をし、それぞれの地域のトップ高などへ抜けていくという方が主流です。

高校への連絡進学の優先的 推薦ができるというだけで、N大附属のように中高一貫とはうたってません。基本は中学と高校は別物感覚です。

んだけど実はA教大附属は小学校がそれぞれあって、小学校から中学へはほとんど全員が推薦で上がるので、ある意味 小中一貫校✨

A教大附属の方は倍率は2倍代くらいらしいです。


どちらの学校も、冬休みが明けると早々に入試があり、受かったら必ず行かないといけないので、一月半ばから入試が始まる私立との併願はしにくいですね。
勉強も私立受験の方がよほど範囲も広く深いし、その反面 N大附属などは変わった傾向のある種の難しい考えさせる問題がでるので、国立附属本命の子は専門塾へ通う方が良いのかなという感じはします。
作文とディベート対策がいるもんねぇ。


以上キョーミ本位なまでの話でした。
全部が塾模試のときに聞いた話ではなく、ジモティ育ちのおかたまが長年県民ゆえに聞いた話等と、その主観的感想も含んでおり、
本気で受験する方はご自身でキチンとお調べくださいね〜〜

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2019年度(本人・親)へ
にほんブログ村

[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by molmotty | 2018-07-07 08:10 | 中学受験 | Comments(0)

マヂメな中学受験界に吹き荒ぶ アホブログまんが。たまにおかたまのデザイナー話も。ぷっと笑って少しの間お寛ぎください


by もるもってぃ